So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

小学生の成績を上げるにはどうすればいい?~思考力を鍛える③~ [小学生の成績を上げるにはどうすればいい?]

【「東大・兄弟に合格する子どもの育て方」より】
①解けない難問をずっと考え続けていると、自然に考える力が養われる
②考える力を伸ばすには、具体的な問題について考えさせる
③講師の役割は、最低限のやり方を伝えたら、後は子どもを励ます
④「なぜ?」「どうして?」を常に問いかける
⑤目を見れば、考えているか考えていないかがわかる
⑥文字を読むこと=考える事。基礎的なトレーニングとして音読が有効
⑦音読の次のステップのトレーニングとして、天声人語の大意要約が有効
⑧アルバート・アインシュタイン「私は頭がいいわけではない。ただ人よりも長い時間、問題と向き合うようにしているだけだ」

【実践方針】
現状、子ども達に与えている課題が、基礎反復トレーニングに寄りがち。個人差はあるが、難問を考える習慣・時間的余力を生み出せていない状況。最終的に成績の伸び悩む生徒は、考える力が育っていない生徒。今後の方針として、宿題の絞込みと、思考力を育む授業(教えない授業)への転換を図る必要がある。

【参考】

東大・京大に合格する子どもの育て方 (経営者新書)

東大・京大に合格する子どもの育て方 (経営者新書)

  • 作者: 江藤 宏
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: 新書



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0)