So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

漢字を定着させるにはどうすればいい? [指導技術]

私の塾では、国語の授業の冒頭に毎回漢字テストを実施しています。読み書き合計20問程度のテストですが、満点を取るのに苦戦する生徒もいます。引き続き、福嶋隆史氏の著作より、「漢字を定着させる指導方法」を紹介します。

【漢字指導の心構え】
「漢字は極力、授業で定着させる。宿題に頼らない

【漢字指導の5原則】
①とことん「指書き」っ重視。「指書きできない」=「覚えていない」。
②練習の際は、「文字」単位ではなく「単語」単位でかかせる。
③練習の際は、同じ単語ばかり書かせず、複数の単語を順々に。
④練習の際は、お手本を隠して「思い出す」作業を入れさせる。
⑤漢字は「使うため」にある。「テストのため」にあるのではない。

【漢字指導の手順】
①お手本と指書きできるスペースを確保。教師が筆順を唱えながら白板に大きくゆっくり感じを書く。再度同じ動作を見せながら生徒に机上で指書きさせる。覚えたか自信を持てるまで指書きさせる。そこまでさせた後で初めて鉛筆で書かせる。
②漢字が文字単独で出てくる事はないので、熟語、あるいは送り仮名つきで練習させる。
③「具体 具体 具体・・・」と書かせるのではなく、「具体 開始 化石 具体 開始・・・」と書かせる。練習欄を「縦」に進めずに「横」に進めさせる。こうすると、ここの単語に戻ってくるたびに「思い出す作業」が入るため、定着率が高まる。
④お手本や自分の書いた字を隠して、「読み」だけを見せながら、思い出せるかどうか試させる。
⑤漢字は日常で使ってこそ定着する。国語授業に関わらず、様々な場面で、「平仮名ですまそうとする怠け心」を戒める。

【実践方針】
現在、最も効果的・効率的な勉強方法を具体的に形式化しようと考えています。「10回書き」や「覚えるまで書く」など先生ごとに指示がバラバラになっていますが、国語担当の講師と共に具体的に勉強のやり方を固定していきます。今の所「指書き」→「テスト形式」→「ミックス練習(③に相当)」→「テスト形式」→「ミックス練習」が成果につながりそうです。

【検討事項】
日常から漢字を使う習慣をどのようにみにつけさせるか?については、価値の伝達だけでは難しく、今後検討が必要だと感じています。

【参考】

スペシャリスト直伝! 国語科授業成功の極意

スペシャリスト直伝! 国語科授業成功の極意

  • 作者: 福嶋 隆史
  • 出版社/メーカー: 明治図書出版
  • 発売日: 2011/11/07
  • メディア: 単行本



人気ブログランキング

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

夏の靴はGUのエスパドリーユがコスパ最強 [おすすめ生活用品]

エスパドリーユとは底にジュート(麻)を使用した、キャンバス地の靴のこと(略して「エスパ」)。
地中海地方で誕生し、数年前に『シャネル』がエスパドリーユを発表したことから再び火がついたそう。今では夏のカジュアル靴として定番化。サンダルよりもカジュアルすぎず、どんなパンツにも合わせやいので便利。

中でもGUのエスパドリーユは1足1490円で、見た目も履き心地も全く問題なく、コスパ最強の夏靴としておすすめです。

【参考】
エスパドリーユ(GU)
エスパドリーユを徹底解説。人気ブランドからコーデ術まで(TASCLAP)

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

国語科授業成功の極意(福嶋隆史氏)より [指導技術]

福嶋隆史氏の「国語科授業成功の極意」より、指導技術向上につながるヒントを整理します。

①優れたお手本を子ども達に提示し、それを真似させる。これが教師の仕事の全てであると言ってもよい。

②国語科指導の最たる目標は、言語技術を身につけさせること。

③国語科で身につけさせるべきは、発信(話す・書く)と受信(聞く・読む)の場面で言葉を自在にコントロールできるようにするための技術である。(バスケに例えるなら、パス・ドリブル・シュートといったここの基礎技術。これらが未熟であるにもかかわらず次々と試合ばかりやらせようとするのが、昨今の国語教育の実像)

④毎回の授業について「目標・方法・評価」を明確に意識する。
 目標(どこを目指せば良いか)
 方法(どのようにすればよいか)
 評価(どこまでできたか)
この授業ではここまでたどり着かせたい、と教師が打ち立てた目標を目指して、子どもは学習する。
この授業ではこのように学ばせたい、と教師が意図した方法によって、子どもは学習する。
この授業ではここまでたどりつけばよい、と教師が決めた評価の基準によって、子どもは到達度を知る。

⑤優れた授業は、「目標・方法・評価」の全てが限定されている。

⑥目標を「限定」しない授業に、定着はありえない。

⑦優れた発問の5ヶ条
 1.授業の目標に沿った発問(目標)
 2.子どもの常識を揺さぶる逆接的な発問(逆接)
 3.既習の技術の活用の場が生まれる発問(活用)
 4.教師が「解」を持ちうる発問(解)
 5.言葉に根拠をおいて客観的に判断し得る発問(言葉)

【実践方針】
・指導目標の限定・明確化を毎回の授業案で言語化していく。
・発問5ヶ条を参考に発問・授業構成を検討する。
・生徒評価は現状毎回の小テスト点数で数値化しているが、技術の習得状況を数値評価できるようなしくみを検討していく。

私自身が指導しているのは主に数学・理科ですが、数学指導理科指導の目標と身につけさせるべき技術を早急に言語化する必要があると感じました。習得技術が明確にならなければ、技術の習得方法や評価方法も定まらないと思います。「目標・方法・評価」の3要素を意識して授業計画を構築していきます。

【参考】

スペシャリスト直伝! 国語科授業成功の極意

スペシャリスト直伝! 国語科授業成功の極意

  • 作者: 福嶋 隆史
  • 出版社/メーカー: 明治図書出版
  • 発売日: 2011/11/07
  • メディア: 単行本



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

読解問題を解けるようにするための技術 [読解問題を解けるようにするにはどうすればいい?]

引き続き、福嶋隆史氏の「難関校に合格する子の「国語読解力」」から、「読解問題を解く技術」を中心に整理していきます。

①長文読解の設問の分類
 1.言いかえる問題「どういう事ですか?」
 2.くらべる問題「どう違うのですか?」
 3.たどる問題「なぜですか?」
※設問文を読解して、「何を問う問題か?」「どう答える問題か」を正確に掴む

②「筆者が言いたいこと」を掴むために「定義」を四角で囲む
 1.主語タイプの定義「AとはBである。」「AというものはBである」
 2.述語タイプの定義「B。それがAである。」
※「定義の文」とは、テーマであるAの意味を、書き手が定める文

③対比の文章は問題用紙の余白にメモを

④「なぜ?」と理由を問われたらまず接続語を探す
・接続語とは前後の関係性を表す言葉。接続詞・副詞「つまり・いわば」・助詞「から・ので」など。
・接続語は丸で囲む(逆接は△などと指導する人もいるが、見づらいので全て丸)
・隠れた接続語にマークをする事が重要
 「抽象化のはたらき」という・といった・などの・などといった
 「対比のはたらき」でななく・ではない
 「なんらかの関係を強調」のだ・のである・のです・わけだ・わけである・わけです


⑤接続語挿入問題は、前後の文を要約
・前後の文を要約して「同等関係」「対比関係」「因果関係」といった関係を見抜く

⑥抜き出し問題は「最後の一言を決めて、後ろから数える」

⑦選択肢問題は本文の言いかえ⇒パーツに区切ってチェックする

⑧記述式問題は、型を身につける
・「どういうことですか?」
 Aとは、Bであり、Cであるということ
・「どう違うのですか?」
 ~は、~という点ではAだが、~という点ではBである
・「なぜですか?」
 ~は、Aであり、それによってBだから

【実践方針】
・書くトレーニングによる論理的思考力の教科+読解問題を解く技術を伝えて、読解問題の正解率上昇を目指します。
・読解問題を解く技術は、生徒が使いこなせるレベルのシンプルさと、成果につながるものを厳選する必要があると思います。「定義は四角・接続後は丸」「対比はメモ」「挿入問題は前後を要約」など、短い言葉で、武器として使えるようトレーニングしていきます

【参考】

ふくしま式 難関校に合格する子の「国語読解力」

ふくしま式 難関校に合格する子の「国語読解力」

  • 作者: 福嶋 隆史
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2011/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

書く力を鍛えるための習慣 [読解問題を解けるようにするにはどうすればいい?]

引き続き、福嶋隆史氏の「難関校に合格する子の「国語読解力」」から、読解問題を解けるようにするための具体的な実践を紹介します。

読解力をつけるためには、「書く力」をつける事が重要。という事で、「書く力」を鍛えるための10の習慣が紹介されています。その中でも、すぐに実践に取り入れたいと思った事例を紹介します。

①教科書を使って行う書きの体力測定
ある文章を2回ほど音読した上で、生徒に視写をさせる。
(例)海の中や宇宙空間には、未知の世界が果てしなく広がっている。
大事なのは、子どもの目の動きを観察する事。途中で何回お手本を見たかが重要。

言葉をかたまりで見ることができる子は、「海の中や宇宙空間には」という部分を一度に頭に入れて、後はお手本をみずに書く。言葉をかたまりでとらえられない子は「海の中/や/宇宙/空間には」などと、細切れにしながら書き写す。つまり字面しか追っていない。

こういった子どもは、言葉をかたまりでとらえることが「できない」のではなく、かたまりでとらえようと「していない」だけ。

解決策としては「お手本を見る回数を減らしてごらん。回数によってランクをつけるよ」などとゲーム化する事で改善する事が多い。

また、小学生の学年別の1分間の視写速度は以下
(1・2年生)15字前後
(3・4年生)20字前後
(5・6年生)25字前後

②「つまり」「たとえば」「なぜ?」を口癖に
「つまり」「たとえば」で具体化と抽象化のトレーニング。「なぜ?」で因果関係をたどるトレーニング。

③「原稿ノート」で字数感覚を身につける
ライフ株式会社の「原稿ノート」は見開きで400字の原稿用紙になる。原稿ノートを使う事で字数感覚が身につく。また、罫線ノートだと句読点が雑になる事があるが、原稿ノートだと、1マス1字なので、はっきりと句読点をつける意識が生まれる。

【メール便可】ライフ 原稿ノート ヨコ セミ B5

価格:324円
(2018/6/26 10:05時点)
感想(0件)




【実践方針】
・板書を写す時の生徒の視線の行き来の回数が気になっていましたが、やはり確認する回数が少ない生徒の方が学力が高い印象があります。板書を確認する回数が多い生徒は、字面を追うだけになっている可能性が高いと考えれれます。板書をノートに写す際の確認回数を少なく、かつスピードを上げられるよう、ゲーム化を取り入れながら文をかたまりでつかむ力を鍛えていきます。
・「つまり?」「たとえば?」「なぜ?」の発問を「抽象化」「具体化」「因果関係をたどる」という明確な目的意識を持って行う。
・いきなり原稿ノートに切り替えるのは難しいが、毎回の授業後に記入してもらっている、その日の振り返りシートの書式を、罫線からマス目に変え、字数感覚と句読点に対する意識を高めていく。

【課題】
・書く力をつけるためには、生徒の書いたものを確認・添削する事が効果的だと感じています。集団授業の中で、その時間を確保するためにはどんな工夫ができるのか?あるいは、添削をしなくても、書く力を高める事ができるのか?を追求していきます。

【参考】

ふくしま式 難関校に合格する子の「国語読解力」

ふくしま式 難関校に合格する子の「国語読解力」

  • 作者: 福嶋 隆史
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2011/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

難関校に合格する子の国語読解力(福嶋隆史氏)より  [読解問題を解けるようにするにはどうすればいい?]

漢字や文法などの知識問題は正解できるのに、読解問題の正解率が安定しないので成績が不安定な生徒はとても多いです。読解問題に正解できるようにするために、「正解の根拠の解説」や「線引き等の技術」を指導している塾が大半だと思いますが、「本当に自分の力で正解する力が身についているのか?」と問われると疑問が生じます。読解問題で安定して正解を出す力をつけるためには、どのような指導・トレーニングが効果的なのかを追求していきます。

【難関校に合格する子の「国語読解力」(福嶋隆史氏)」
・国語力があるとは
 ①相手の言葉を整理して受信できる(=聞く力・読む力がある)
 ②自分の言葉を整理して発信できる(=話す力・書く力がある)

・国語力の構造
 ①論理的思考力
  1.「言いかえる力」(同等関係(具体・抽象)を整理する力)
  2.「くらべる力」(対比関係を整理する力)
  3.「たどる力」(因果関係を整理する力)
 ②語彙力(言葉の知識)
 ③書字力・音読力(速度など)

・読解力とは何か?
 ①受信した内容を頭で整理し
 ②出題者にわかりやすい形に再度整理して発信

・試験で勝利したければ、「発信力」=「アウトプット力」=「書く力」を磨く以外に手はない。

・自分の身近にあることがらを自分自身で文章化できないうちに、他人が書いたハイレベルな文章などできるはずがない。

・書き方を限定する事で技術を体得できる。

【実践方針】
福嶋氏は、国語力・読解力という曖昧な力を、明確に分解し、トレーニング方法まで含めて技術として習得できる指導を実践しています。他教科もそうですが、「単に問題を解いて、その解説」という流れでは、自分で抽象化できる生徒は、他の問題にも応用できますが、その力がない生徒にとってはちょっと形が変わっただけで全くお手上げという事態になってしまいます。
福嶋氏の指導を参考にしながら、「言いかえる力」「くらべる力」「たどる力」をつける、制限を加えた書く指導を実践していきます。

【参考】

ふくしま式 難関校に合格する子の「国語読解力」

ふくしま式 難関校に合格する子の「国語読解力」

  • 作者: 福嶋 隆史
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2011/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


横浜国語研究所HP

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

宮本哲也氏の見解 [数学を勉強するのはなんで?]

宮本哲也氏の「超教育論」より、「算数を勉強するのはなんで?」に関する見解を紹介します。

算数をやる目的は、「賢くなるため」
何のために賢くなるのか?
⇒「より良く生きるため」=「自分にあった生き方をみつけるため」
そのために必要なのは、「情報を取捨選択する能力」と「条件を整理する能力」。
算数でこの能力を高める事ができる。
これ以外の目的を持つべきではない。

【実践方針】
「手順暗記型の指導」で成果を出している塾や講師も多くいると思いますが、「手順暗記型の指導」は教わる方も教える方も楽しさや価値を見出し難い指導だと思います。「思考錯誤型指導で成果を出す」事を数学指導の目標にしていきます。

【参考】

超強育論

超強育論

  • 作者: 宮本 哲也
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2006/03/03
  • メディア: 単行本



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

宮本哲也氏「超教育論」より [数学ができるようになるにはどううすればいい?]

宮本哲也氏の「超教育論」より、「数学ができるようになるにはどうすればいい?」に関する見解を紹介します。

①試行錯誤せずに算数の学力を高める事はできない
②算数の学力とは計算力ではなく思考力。すぐに結果を出すことを子どもに求めると、ものを考えない子になってしまう。
③算数が好きで得意な子にしたいなら「楽しみながら、気長に取り組む」ことが大切。
④スラスラ解ける問題を解いてるだけでは学力は向上しない。できる子は「集中力の高さ」と「考る深さ」が違う。
⑤宿題を大量に出す先生は以下の2通りの意味で無能な場合が多い
1.授業で学力を身につけさせる事ができない
2.その単元の何が大切なのかを絞り込む事ができない
⑥自力で問題を解けると子どもは自信をつけ、その分だけ確実に成長する。だから、最初につまづいた時に、丁寧に教えてあげる事は子どもの成長の芽を摘んでいるだけ。

【実践方針】
・現状のテストのほとんどは、「手順暗記型学習」で点数が上昇してしまう(偏差値が上昇する)ため「試行錯誤型学習」に振り切るのは勇気がいる判断。たたし、指導している時の子ども達の表情を見れば「手順暗記型」の指導をしている時よりも、「思考錯誤型」の指導をしている時の方が明らかに活き活きとしています。思考力を鍛える点でも「思考錯誤型学習」の方が効果が高いのは明らか。「思考錯誤型学習」で「手順暗記型学習」を上回る成果を出せるよう、扱う問題と最適な発問を検討していきます。

【参考】
超強育論

超強育論

  • 作者: 宮本 哲也
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2006/03/03
  • メディア: 単行本


宮本算数教室HP

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

未来の自動車はどうなる? [探究心の喚起]

燃料電池自動車(FCV)や電気自動車(EV)など、従来のガソリン車と違う燃料で動く自動車の開発が注目されていますが、一般の人にとっては、「燃料がどうなるか?」は正直本質的な問題ではないように感じます。自動運転技術やカーシェアリング、IT技術や仕組みも含めて、人々の潜在的な期待にどのように応えていくかで、未来の自動車の姿が変わっていくのではないでしょうか。

そこで、燃料にとらわれずに、現在の自動車開発がどこまで進んでいて、どこに向かっていこうとしているのかを調べてみました。

【「GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威」より】
・自動車業界は今、4つの変化が同時多発的に起きており、4つの頭文字をとって「CASE」と呼ばれている。
 C(コネクティビティ)通信と車の接続
 A(オートノマス)自動運転
 S(シェアリング)共有サービス
 E(エレクトリックモビリティ)電動化

・自動運転やコネクティッドといった新技術が組み合わされると、ロボットタクシーや無人運転のライドシェア、さらにはeコマースと連動した自動配送の物流など、「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」と呼ばれる新しい事業領域が生まれる。

・グーグルを傘下に持つ持株会社アルファベットの自動運転開発子会社ウェイモは、今年2月までに公道での実走行距離が800万キロメートルに達した。シミュレーションでの走行経験と合わせて、他の自動車会社を圧倒する走行データを蓄積している。

・自動運転開発の格付け
 LEADER(リーダー)ウェイモ、GMなど
 CONTENDER(競争相手)トヨタなど
 CHALLENGER(挑戦者)ホンダ、テスラ、アップルなど
※ウェイモは2017年調査では2番手集団に入っており、入れ替わりが激しい

【「電気自動車は「グーグルカー」のあり方こそが自然体」より】
・市場での需要(実需)と技術的な課題(EV三重苦)を考慮すると、「超小型モビリティー」という結論に。
※EV三重苦(①航続距離が短い ②二次電池の価格が高い ③充電インフラ整備のコスト)

【見解】
グーグルやアップルの動きを見ていても、燃料の問題よりも、「自動運転技術」「車と通信の接続」「共有サービス」がどう活用されるかの方が私たちの生活に与える影響は大きいと感じました。

自動車、通信サービス、電気、建築、運送、宅配など、様々な企業や自治体が協働し、住民がどのような未来を期待しているかを想像し、夢のあるプランを提示する事ができるかどうかが、今後の自動車の未来を決定づけると感じました。

「運送や宅配に関しては、自宅前から玄関までの数メートルの溝を埋められなければ、現状のままだろうな」「まずはタクシーの無人化から始まるのかな?」といったレベルの発想しかまだ浮かんできませんが、他の人がどんな想像をするかも興味深いです。生徒が思い描く未来の自動車社会についても、ぜひ聞いてみたいと思いました。今後の変化にも引き続き注目していきます。

【参考】
GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威
トヨタは本当にEVや自動運転で「攻めの姿勢」に転じたか(DIAMOND Online)
電気自動車は「グーグルカー」のあり方こそが自然体(DIAMOND Online)
買い物先に自動で移動可能に? Appleが自動運転特許を出願(GIZMODO)

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

最優秀ワイシャツはP.S.FA(はるやま)のi-Shirt [おすすめ生活用品]

ワイシャツについては、コスパ最強ワイシャツを求めて「鎌倉シャツ」「東京シャツ」「ユニクロ」など、色々試してみましたが、現段階での最優秀ワイシャツはP.S.FA(はるやま)のi-shirt(アイシャツ)です。

なんといっても、完全ノーアイロンというのが一番の魅力。ワイシャツは形態安定加工が当たり前とはいえ、アイロンをかけずに着れるワイシャツは「アイシャツ」のみだと思います。1年以上着続けても、全くアイロンをかけなくても気にならないレベルです。

もう一点、「アイシャツ」の強みは、夕方以降もシワができずに着続けられること。他のワイシャツはやはり昼過ぎぐらいからシワが目立ち始めてしまいますが、「アイシャツ」ならその心配もありません。

襟のデザインやシンプルな折柄のランナップを増やしてほしいなどの希望はありますが、今のところワイシャツは「アイシャツ」一択です。P.S.FAでは「アイシャツ」のスリムラインも展開しはじめたようなので、デザインについても今後改善が期待できそうです。

【参考】
ノーアイロンシャツ「i-Shirt」(はるやま)
完全ノーアイロン アイシャツ(P.S.FA)

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション