So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

iPS細胞の可能性 [探究心の喚起]

中3生物では「遺伝」が扱われます。啓林館の教科書では、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥博士が紹介されています。子ども達の探究心を喚起するためにも、iPS細胞の最新状況を調べてみました。

【「サイエンスゼロ:iPS細胞10年 夢の医療はここまで来た」より】
(iPS細胞とは)
・皮膚や血液の細胞1に「山中ファクター」という4つの遺伝子を加える事で、どんな細胞にもできるiPS細胞をつくる事ができる。

(再生医療の壁)
・拒絶反応を起こさないためには、本人の皮膚からiPS細胞を作る事が最善だが、遺伝情報がコピーされるため、病気を持った遺伝情報がコピーされるため、そのままでは病気の改善につながらない。
・自家移植の場合、30億個のDNAを調べる必要があるため、1年の調査期間と、5千万円ほどの費用が必要。

(ゲノム編集)
・30億以上並んでいるDNA配列のうちの1箇所だけをハサミのように切り取ることができる技術。「クリスパーキャス」という特別なタンパク質を入れ込むことで、DNAの切り取りたいところを切り、再びつなげる事ができる。切り取ったところがガン化する可能性があるので、安全性の検証が必要。

(iPS細胞ストック)
・他人に移植しても、拒絶反応を示しにくいiPS細胞をストックすることで費用を抑えようという取り組み。2018年までに、30%~50%をカバーする事を目標にしている。拒絶反応に関係するのはHLAという細胞にとっての血液型のようなもの。主に拒絶反応に関わる組み合わせは1万通り近くある。拒絶反応をおこしにくいHLAの細胞をストックする事でお金を削減し、安全性を確認した細胞を使えるようにする。

(創薬への利用)
iPS細胞は病気の遺伝情報もコピーされるため、病気の遺伝情報を持ったIPS細胞を大量につくる事ができる。そのため、今まで動物を使って薬の効用を確認していたことが、iPS細胞を利用して確認することができる。

【参考】
「サイエンスゼロ:iPS細胞10年 夢の医療はここまで来た」

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。