So-net無料ブログ作成
探究心の喚起 ブログトップ
前の10件 | -

未来の自動車はどうなる? [探究心の喚起]

燃料電池自動車(FCV)や電気自動車(EV)など、従来のガソリン車と違う燃料で動く自動車の開発が注目されていますが、一般の人にとっては、「燃料がどうなるか?」は正直本質的な問題ではないように感じます。自動運転技術やカーシェアリング、IT技術や仕組みも含めて、人々の潜在的な期待にどのように応えていくかで、未来の自動車の姿が変わっていくのではないでしょうか。

そこで、燃料にとらわれずに、現在の自動車開発がどこまで進んでいて、どこに向かっていこうとしているのかを調べてみました。

【「GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威」より】
・自動車業界は今、4つの変化が同時多発的に起きており、4つの頭文字をとって「CASE」と呼ばれている。
 C(コネクティビティ)通信と車の接続
 A(オートノマス)自動運転
 S(シェアリング)共有サービス
 E(エレクトリックモビリティ)電動化

・自動運転やコネクティッドといった新技術が組み合わされると、ロボットタクシーや無人運転のライドシェア、さらにはeコマースと連動した自動配送の物流など、「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」と呼ばれる新しい事業領域が生まれる。

・グーグルを傘下に持つ持株会社アルファベットの自動運転開発子会社ウェイモは、今年2月までに公道での実走行距離が800万キロメートルに達した。シミュレーションでの走行経験と合わせて、他の自動車会社を圧倒する走行データを蓄積している。

・自動運転開発の格付け
 LEADER(リーダー)ウェイモ、GMなど
 CONTENDER(競争相手)トヨタなど
 CHALLENGER(挑戦者)ホンダ、テスラ、アップルなど
※ウェイモは2017年調査では2番手集団に入っており、入れ替わりが激しい

【「電気自動車は「グーグルカー」のあり方こそが自然体」より】
・市場での需要(実需)と技術的な課題(EV三重苦)を考慮すると、「超小型モビリティー」という結論に。
※EV三重苦(①航続距離が短い ②二次電池の価格が高い ③充電インフラ整備のコスト)

【見解】
グーグルやアップルの動きを見ていても、燃料の問題よりも、「自動運転技術」「車と通信の接続」「共有サービス」がどう活用されるかの方が私たちの生活に与える影響は大きいと感じました。

自動車、通信サービス、電気、建築、運送、宅配など、様々な企業や自治体が協働し、住民がどのような未来を期待しているかを想像し、夢のあるプランを提示する事ができるかどうかが、今後の自動車の未来を決定づけると感じました。

「運送や宅配に関しては、自宅前から玄関までの数メートルの溝を埋められなければ、現状のままだろうな」「まずはタクシーの無人化から始まるのかな?」といったレベルの発想しかまだ浮かんできませんが、他の人がどんな想像をするかも興味深いです。生徒が思い描く未来の自動車社会についても、ぜひ聞いてみたいと思いました。今後の変化にも引き続き注目していきます。

【参考】
GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威
トヨタは本当にEVや自動運転で「攻めの姿勢」に転じたか(DIAMOND Online)
電気自動車は「グーグルカー」のあり方こそが自然体(DIAMOND Online)
買い物先に自動で移動可能に? Appleが自動運転特許を出願(GIZMODO)

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

「全固体電池」の可能性 [探究心の喚起]

「燃料電池自動車(FCV)と電気自動車(EV)のどちらに可能性があるのか?」ネット上でも多くの見解が語られています。燃料電池自動車の課題は水素ステーションの設置と電気エネルギーのロス。電気自動車の課題は走行距離と充電時間。電気自動車のデメリットを解消する「全固体電池」が注目を集めているようです。

【全固体電池の特徴】
・リチウムイオン電池やニッケル水素電池に比べ、「充電時間が短く」「容量を大きく」する事ができる。(2009年以降に量産されたEVは「リチウムイオン電池」を利用)

【全固体電池のしくみ】
・「全固体電池」では電解液(液体)ではなく、『固体電解質』(固体)の中を、イオンが自由に行き来することで、充電と放電を行う。
・2017年夏、東京工業大学の菅野了次教授らの研究グループが、従来の液体電解質に匹敵するイオン伝導率(電気の流れやすさ)を持つ、新たな固体電解質材料を発見。スズとケイ素を組成に組み込んだ新電解質はこれまで発見された組成に比べて材料が安価で、しかも合成しやすいという特徴を兼ね備えている。

【全固体電池のメリット】
・液体の場合、液漏れなど安定性に支障をきたす恐れがあり、液体を囲むためのカバーが必要になるが、固体電解質の場合は、カバーが不要になり液漏れもないため安全
・固体なら積層が可能なので、エネルギー密度を既存のリチウムイオン電池よりもさらに高めることができる。これは充電時間を短縮できる可能性を示している。
・温度変化に強い(ー30℃~100℃でも安定した性能を発揮)

【全固体電池実用化への壁】
・今後5〜10年間は従来型のリチウムイオン電池の性能が改善し続けるため、全固体電池が性能と製造コストにおいて追い抜くことは難しい。加えて、リチウム金属電池のようなほかの技術が全固体電池の前におそらく商品化されるはずだ(元テスラ幹部)
※トヨタは2010年にテスラと資本提携し、テスラの電池技術に基づくEV開発を進めていたが「技術に対する姿勢が違う」(幹部)などとして提携関係を解消。16年末までに保有株式をすべて売却している

【参考】
EVの『全固体電池』トヨタはなぜ今なのか(RanQ)
全固体リチウムイオン電池の実用化目前!私たちの生活を変える新時代の電池とは?(EMIRA)
テスラCEO、車載電池開発巡りトヨタを挑発 (日本経済新聞)
元テスラ幹部が予言する「日本車」の未来(東洋経済)
パナソニックが強気、脱「テスラ依存」の勝算(東洋経済)

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

燃料電池自動車(FCV)の可能性と課題 [探究心の喚起]

中3理科の授業では、燃料電池を学習します。水素と酸素から電気を取り出し、排出されるのは水のみという燃料電池の仕組みは、環境への悪影響が少ないとして学校教科書でも紹介されています。燃料電池自動車の可能性と課題について調べてみました。

【燃料電池自動車の現状】
・水素5kg(3分間の補給時間)で650km走行できる(トヨタ:MIRAI)。
・燃費は10~14円/km(ガソリン車は14~17円)
※ここまで見るとガソリン車とそこまで違いがない水準のようにみえます。
・普及状況(2017年時点)
 乗用車1807台・バス5台・トラック1813台
※現状、公用車としての利用が多く、一般にはほとんど普及していないようです

【燃料電池自動車の課題】
・水素ステーション不足
 2018年3月14日現在、22都道府県92ヵ所(そのうち33ヵ所は移動式ステーション)
⇒2018年2月にトヨタ自動車・ホンダ自動車・JXTGエネルギー・出光興産など11社が、水素ステーション整備推進を主タスクとする日本水素ネットワーク合同会社(別名:JHymジェイハイム)を設立
・電気自動車に比べ、電気エネルギーのロスが大きい(「イーロン・マスクのすすめ」より
(電気自動車)再生可能エネルギー100kw→送電→充電→電気自動車69kw
(燃料電池自動車)再生可能エネルギー100kw→電気分解→圧縮or液化→移送→燃料電池→燃料電池自動車23Kw~19Kw

【燃料電池自動車のメリット】
・二酸化炭素を排出しない
・製鉄所や製油所から得られる副生水素から不純物を低コストで除去できれば、廃エネルギーの有効活用が可能
・水素は大量貯蔵・大量輸送に向いている

【追求事項】
・電気自動車も充電時間の短縮等、電池の開発が進んでいるようなので、電気自動車と燃料電池自動車のどちらに可能性があるのかを追求していきます。

【参考】
燃料電池車はEVに「もう勝ち目がない」は本当か(DAIAMOND Online)
国内自動車大手がEVよりもFCV(燃料電池車)にこだわるワケ(産経ニュース)
イーロン・マスクが燃料電池車をバカにする理由(イーロンマスクのすすめ)
燃料電池.net
日本水素ステーションネットワーク合同会社を設立(TOYOTA)

人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

大阪大学のiPS心臓治療、厚労相が正式承認 [探究心の喚起]

【iPS心臓治療、厚労相が正式承認…阪大、今年度中にも移植(ヨミドクター)より】
6/6(水)に配信されたヨミドクターの記事によると、心臓病患者にiPS細胞から作った心臓の筋肉シートを移植する臨床研究計画が厚生相に認められ、5日通知されたとのこと。iPS細胞を使う再生医療が認められたのは、理化学研究所などによる目の難病治療に続いて2例目。

(計画)
京都大学iPS細胞研究所に備蓄しているiPS細胞の提供を受け、心筋細胞に変えて直径数センチ、厚さ0.1mmのシートに加工。心機能が低下した患者3人の心臓にシート2枚を貼り、安全性と有効性を1年間検証。

(懸念点)
阪大によると、治療を受ける患者には1人につき、iPS細胞から作った心筋細胞を約1億個移植する予定。万一、心筋細胞になりきれずに移植されると、患者の体内で細胞ががんになる恐れがある。がんになるリスクは移植する細胞数に比例するため、目の難病治療などに比べ、阪大が使う細胞は圧倒的に多い事が懸念点。

【参考】
iPS心臓治療、厚労相が正式承認…阪大、今年度中にも移植(ヨミドクター)
世界初 iPS細胞で心臓細胞移植へ 大阪大学の研究
iPS細胞を使った「再生医療」の未来~澤芳樹×山田邦雄×山中伸弥×平手晴彦

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

iPS細胞の可能性 [探究心の喚起]

中3生物では「遺伝」が扱われます。啓林館の教科書では、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥博士が紹介されています。子ども達の探究心を喚起するためにも、iPS細胞の最新状況を調べてみました。

【「サイエンスゼロ:iPS細胞10年 夢の医療はここまで来た」より】
(iPS細胞とは)
・皮膚や血液の細胞1に「山中ファクター」という4つの遺伝子を加える事で、どんな細胞にもできるiPS細胞をつくる事ができる。

(再生医療の壁)
・拒絶反応を起こさないためには、本人の皮膚からiPS細胞を作る事が最善だが、遺伝情報がコピーされるため、病気を持った遺伝情報がコピーされるため、そのままでは病気の改善につながらない。
・自家移植の場合、30億個のDNAを調べる必要があるため、1年の調査期間と、5千万円ほどの費用が必要。

(ゲノム編集)
・30億以上並んでいるDNA配列のうちの1箇所だけをハサミのように切り取ることができる技術。「クリスパーキャス」という特別なタンパク質を入れ込むことで、DNAの切り取りたいところを切り、再びつなげる事ができる。切り取ったところがガン化する可能性があるので、安全性の検証が必要。

(iPS細胞ストック)
・他人に移植しても、拒絶反応を示しにくいiPS細胞をストックすることで費用を抑えようという取り組み。2018年までに、30%~50%をカバーする事を目標にしている。拒絶反応に関係するのはHLAという細胞にとっての血液型のようなもの。主に拒絶反応に関わる組み合わせは1万通り近くある。拒絶反応をおこしにくいHLAの細胞をストックする事でお金を削減し、安全性を確認した細胞を使えるようにする。

(創薬への利用)
iPS細胞は病気の遺伝情報もコピーされるため、病気の遺伝情報を持ったIPS細胞を大量につくる事ができる。そのため、今まで動物を使って薬の効用を確認していたことが、iPS細胞を利用して確認することができる。

【参考】
「サイエンスゼロ:iPS細胞10年 夢の医療はここまで来た」

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ブラックホールって何? [探究心の喚起]

【ブラックホールって何?】
・太陽の20倍を超えるような非常に重い星の場合、超新星爆発を起こしたあとに残される中心核は、自らの重力に耐えられず、どんどん潰れていく。極限まで潰れた非常に密度の大きい天体がブラックホールと呼ばれる。
・重力があまりに強く、物体が天体表面から宇宙空間へ脱出するのに最低限必要な速度が光速を超える。そのため、光を含めてすべての物質を吸い込んでしまう。

【超新星爆発って何?】
・恒星の内部では、水素どうしが反応して重い原子になる(最終的に鉄になるまで続く)核融合反応が起こっている。この核融合反応の際に生じる熱による膨張と、重力による収縮がつりあって天体の形ができている。
・核融合の材料がなくなると、急速な収集を始め、天体の表面が吹き飛ぶ=超新星爆発。
・この超新星爆発の後に残るのがブラックホール。

【ブラックホールはどれくらいあるの?】
・ほとんどの銀河の中心にブラックホールがある。
・天の川銀河の中心には射手座A*(射手座Aスター)という太陽の400万倍の質量のブラックホールがある。
・天の川銀河だけでも1億~10億個のブラックホールがあると考えられている。

【ブラックホールが合体するって本当?】
・超新星爆発でできるブラックホールの質量は太陽の10倍程度。重力波の観測により、ブラックホール同士の合体が観測された。

【疑問点】
・重力波って何?
・核融合反応って何?

重力波の観測によって、宇宙空間の謎の解明が進んでいるようです。継続して調べていきます。

【参考】
宇宙情報センター
ブラックホール 未知の世界へ 慶大・岡朋治教授
サイエンスZERO「ついに解明!“ブラックホール成長の謎”」(YouTube)


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

「ビッグバン」の直後ってどういう状態だったの? [探究心の喚起]

【ビッグバン直後ってどういう状態だったの?】
・ビッグバン直後は、宇宙全体が太陽の中心部(約1600万℃)よりもはるかに高温。
・宇宙が誕生してから100万分の1秒後ころは、大量の光子(フォトン)、ニュートリノ、電子、少量の陽子、中性子がごった混ぜになっていた。
・現在知られている4つの力(重力、電磁気力、弱い力(弱い核力)、強い力(強い核力))が分離したのも、宇宙誕生の初期のころだと言われている。
・宇宙誕生の約3分間で、物質のもとである素粒子のうち「クォーク」と呼ばれるものが集まり、陽子や中性子となった。陽子や中性子が集まて、水素やヘリウムの原子核が次々と生み出された。このとき生まれた原子核の92%が水素。残り8%がヘリウムだった。
・普通なら原子の周りを回っているはずの電子も飛び回っていたため、光は電子にはばまれて遠くまで届かなかった(宇宙はくもった状態)
・ビッグバンから40万年ほどたって、宇宙の温度が約3000℃まで下がると、自由電子が原子核に捉えられるようになり、光が遠くまで届くようになった(宇宙の晴れ上がり)。

【ビッグバンの証拠があるって本当?】
・ビッグバン理論を提唱したガモフは、もしビッグバンが起きていれば、その時の残り火が絶対温度5度の宇宙背景放射として観測されるだろうと予言。
※絶対温度(K:ケルビン):273.16K=0℃
・1965年、ベル研究所のアーノ・ペンジアスとロバート・ウィルソンは宇宙全体から等方的にやってくる絶対温度3度の物体が出す電波を観測。
・宇宙が現在まで膨張して冷えた結果、現在の宇宙の温度は3K。それがあらゆる方向から観測されたことがビッグバンの証拠になっている。

【疑問点】
・素粒子って何?
・クォークって何?
・太陽の中心温度ってどうやって計算しているの?
・光子って何?
・4つの力って何?
・電波って何?

【参考】
NHK基礎講座(地学基礎)
宇宙情報センター
宇宙の歴史
宇宙図


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

「ビッグバン」って何? [探究心の喚起]

【「ビッグバン」って何?】
・エドウィン・ハッブル(1889~1953:USA:天文学者)が、遠くにある銀河ほど速く遠ざかっている事を発見。
・遠ざかる速さ(後退速度)は、地球からの距離に比例することも発見(ハッブルの法則)。
・現在、比例定数(ハッブル定数)は100万光年につき、20km/sよりも少し大きいらしいことがわかっている。仮に、ハッブル定数を100万光年につき、20km/sとすると、100万光年の銀河は20km/sで遠ざかり、200万光年の銀河は40km/sで遠ざかる。150億光年の銀河は、30万km/s(光速)で遠ざかっていることがわかる。
・逆に考えると、過去に遡ると宇宙の始まりは、ただ一点から始まったという説(ビッグバン説)が生まれた。
・ビッグバン説は1948年にガモフ(1904~1968:ロシア→アメリカ)によって提唱された。
・最近では、宇宙の年齢(ビッグバン発生後)は138億年前後と考えられている。

【地球からの距離に比例して銀河が遠ざかっているという事は、地球が宇宙の中心なの?】
・例えば、宇宙が風船の表面で、銀河が表面の模様だとする。風船を膨らませると、どの模様から見ても、別の模様は遠くにあるものほど速く遠ざかるように見える。つまり、地球が宇宙の中心というわけではない。

【疑問点】
・ビッグバンの前はどういう状態だったの?
・138億光年よりも先の宇宙(光が地球に届かない世界)はどうなっているの?
・ビッグバンが起こったのはなんで?
・ビッグバンがあったて本当?
・ビッグバン直後の宇宙ってどういう状態だったの?

【参考】
NHK高校講座(地学基礎)
宇宙情報センター
宇宙の歴史


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

子ども達の「なんで?」一覧 [探究心の喚起]

ARCS動機付け理論によると、子ども達の動機付けにとって、「探究心の喚起」は重要な要素。生徒が感じた問題意識や、その答えは、子ども達の動機付けや知識の定着にとても効果的だと考えています。子ども達の日々の生活は何での塊。日々、「何で?」をヒアリングして、私自身も追求しながら子ども達の脳力UPにつなげていきます。今日は、先日子ども達(小6~中3)にヒアリングした「なんで?」を整理してみます。

【理科に関する何で?】
・ビックバンが起こったのはなんで?
・ブラックホールって何?
・初めの生物はどのようにして生まれたの?
・三原色からすべての色が作れるのはなんで?
・目の錯覚があるのはなんで?
・機械は使うとなぜ熱くなるの?
・人や動物はなぜ周りが見えるの?
・植物は障害物があるとなぜ意思があるように避けようとするの?
・なぜ金は溶けにくいの?
・電流って何?
・マグネシウムの燃焼が強い光を発するのはなんで?
・光って何?
・なぜ太陽はそんなに温度が高いの?
・星座って誰が決めたの?
・なんで、ものによって吸収する光の色が違うの?
・宇宙って何?
・宇宙には限界があるの?
・一番初めに、地球は太陽の周りを回っていると考えた人はなんでそう思ったの?
・なんで重力があるの?
・なぜ自分の誕生月の星座が、誕生日の月に見えないの?
・宇宙にはなぜ空気がないの?
・地球にはなぜ空気があるの?

【数学に関する何で?】
・なんでグラフはX座標・Y座標なの?
・動点問題を解くのは何のため?
・なぜ算数から数学になるの?

【国語に関する何で?】
・古文は「が」とか「の」とかの助詞を省略されているのはなんで?
・なぜ英語には敬語がなくて日本語にはあるの?

【人間に関する何で?】
・なんで喉の調子が悪くなるの?
・低学年の女の子がピンクが好きな子が多いのはなんで?
・人工知能が発達するとどうなるの?
・意地悪をする人がいるのはなんで?
・どうやったら平和を取り戻すことができるの?
・なぜ人は、人の事を嫌いとか好きと思うの?
・なぜ人は、恋をするの?
・なぜ双子には一卵性と二卵性があるの?
・季節とうつ病には関係があるの?
・第二言語習得のリミットってあるの?
・なぜ人は苦手な人にからまれても嫌な顔1つせずに笑って対応してしまうの?
・なぜ男子は大事な写真撮影の時にもふざけるの?
・なぜこちょこちょが効く人と効かない人がいるの?
・目の下にできる「くま」は何で黒いの?
・なぜ人は夢をみるの?
・何で人は老化が始まると物忘れが多くなり、認知症になるの?
・なぜ肘には神経が通っていないの?
・なんでおならは臭いの?
・脳の中に電気が流れているってどういう事?
・なぜ意識があるの?
・人間って何?
・なぜ人は争いをするの?
・なぜ人は楽をしようとするの?
・きれいにしたところをすぐに汚す人がいるのはなんで?
・何で面白いと笑って、悲しいと泣くの?
・何で成長するの?

【身近ななんで?】
・将来使わなそうな勉強をしないといけないのはなんで?
・「何で?」が何も出てこなかったのはなんで?
・レシピ通りに料理を作ってもうまくいかない時があるのはなんで?
・なぜプリンのカラメルは下にあるの?
・なぜ日本の事をJAPANって言うの?
・どうしてマヨネーズは何にでも合うの?
・砂糖ってどうやって作られるの?
・消しゴムで字が消せるのはなんで?
・どうやってテレビは画面を映し出しているの?
・なぜ片腕・片足・片手とは言うのに、片肩とは言わないの?
・なぜ学校の給食はあまりおいしくないの?
・ワンピース(漫画)は、なぜあれほど素晴らしい作品なの?
・スティーブジョブスはなぜスマートフォンにたどり着いたの?
・なんで一週間は7日なの?

1日でこれだけの「何で?」が集まります。きっと子ども達は毎日たくさんの「何で?」を感じながら、見つけながら生活しているはず。子ども達の「何で?」を授業に取り込むことができれば、きっと、もっと勉強が好きになるはず。子ども達の「何で?」を授業に組み込めるように、追求を継続していきます。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

中和反応で熱を生じるのはなんで? [探究心の喚起]

中和反応の時に生じる熱。テストでは中和は発熱反応で済ませてしまいがちですが、子ども達はやっぱり、「中和反応でなんで熱を生じるのか?」が気になるようです。さらには、「マグネシウムと塩酸の反応が発熱反応なのはなんで?」「イオンが結びつく反応は全て発熱反応?」といった疑問へと広がっていきます。

【前提条件】
・「発熱反応」反応物のエネルギーが、生成物のエネルギーより大きい反応。
・「ヘスの法則」1840年、ヘス(スイス)によって発見された法則。「物質が変化するときの反応熱の総和は、変化前と変化後の状態だけで決まり、変化の経路には関係しない」
・ある程度自由に運動していた分子、原子、イオンなどが、分子間力、水素結合やイオン結合によって束縛され、余分な運動エネルギーが熱になる。
・エネルギーの発生源は位置エネルギー。イオン同士は分子間力及び、静電気力(クーロン力)で引き付け合っていて、高いところにある物体が加速しながら落ちて、地面にぶつかる。音や光にも変換されるが、最終的にはこれらのエネルギーは熱に変わる。
・反応熱(化学反応の進行によって発生または吸熱する熱量)には燃焼熱、生成熱(単体から化合物が生成するときの熱)、中和熱、溶解熱(溶質を多量の溶媒に溶かしたときの熱)がある。

【中和反応で熱を生じるのはなんで?】
水が出来る際に、水素イオンと水酸化物イオンがぶつかり合う時に生じる熱と捉えてよさそうです。

【マグネシウムと塩酸の反応が発熱反応なのはなんで?】
・こちらはマグネシウムイオンと塩化物イオンがぶつかり合う時に生じる熱と捉えていいのでしょうか?もう少し調べてみる必要がありそうです。
・(熱化学方程式)Mg(固)+2HCl(aq)=H2(気)+MgCl2(aq)+467kJ
※少なくとも、反応前の物質が持つエネルギ>反応後の物質が持つエネルギーという事は言えそうです。 

私自身わからない事だらけですが、詳しい人へのヒアリングもしながら、子ども達と一緒に追求を楽しんでいきたいと思います。

【参考】
発熱反応(ウィキペディア)
反応熱の種類(燃焼熱、中和熱、溶解熱、生成熱、蒸発熱)
マグネシウムと塩酸を反応させると熱が発生す・・・
反応熱と熱化学方程式
生成熱と結合エネルギー
反応熱と熱化学方程式
マグネシウムの燃焼熱

小川仁志 化学[理論・無機・有機]講義の実況中継[化学基礎+化学] (実況中継シリーズ)

小川仁志 化学[理論・無機・有機]講義の実況中継[化学基礎+化学] (実況中継シリーズ)

  • 作者: 小川 仁志
  • 出版社/メーカー: 語学春秋社
  • 発売日: 2017/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - 探究心の喚起 ブログトップ