So-net無料ブログ作成
効果的な声かけ ブログトップ

成果を称え自己効力感を高める [効果的な声かけ]

定期テストの結果が返却される時期です。生徒ごとに結果の善し悪しはさまざま。どのような声かけをするかは塾講師にとってとても重要な課題です。
成果が出た生徒に対しては賞賛の声かけをしますが、より効果的な声かけにするためには「何のために賞賛するのか?」「賞賛することが生徒にどのような影響を与えるのか?」について考える事が重要だと考えています。

【何のために賞賛するのか?】
考えられる目的を列挙してみます
①次のテストに向けた意欲喚起
②成功した行動の強化
③口コミによる営業効果
④他の生徒の行動変化のきっかけ
いくつか、目的が浮かんできますが、一番の目的は「自己効力感を高める事」と考えています。

【自己効力感とは】
・1977年にアルバート・バンデューラ(カナダ人の心理学者)によって提唱される。
・(定義)「予測される状況に対処するために必要とされる一連の行為を、いかにうまくなし得るかについての本人の判断」
・成果を得るプロセスには2つの期待がある。①効力感に対する期待(その行動ができる・できそうという期待)、②成果に対する期待(このような行動をすればこのような結果が得られるという期待)
・成果に対する期待があっても、効力感に対する期待が持てなければ、行動に移せない。
・自己効力感は「行動の選択」や「行動の持続」に影響。
・人を現実の行動に向かわせる直接の引き金になるのが自己効力感
・「一般的自己効力感」の他に「集団効力感」という概念も提唱されている。集団状況では、個人の効力感の単なる可算以上の力が働く事がある。
・「自尊心」や「自信」はその人が持つ安定的な特性・傾向。自己効力感は特定の課題に対処できる自信。

【自己効力感を高めるためには】
自己効力感を高めるためには、4つの要因がある。
①直接の成功体験
困難にチャレンジし、自分でそれを克服できたという体験(反対に、度重なる失敗の体験は「この課題は自分の手には負えない」という自己効力感の低下を招く)。
②代理的体験
成功を伴う他者の行動を観察すること。頭の中でイメージが組み立てられれば、実際の行動も習熟が早くなる。
③言葉による説得
「こうすればできる」という説明や「あなたならできる」という励まし。
④情緒的な喚起
苦手と感じていたり緊張しるような状況や場面で、うまくいったり、平静でいられたという経験。生理的な刺激で高揚感を感じる状況。
※①→②→③→④の順に影響力は弱くなる
※「直接の成功体験」を積み重ねるためにも、小さな成功を積み重ねる「スモールステップの原理」を用いるのが有効。

【実践方針】
・成果を実感している生徒に対してはを次の行動につなげるために、成功要因となる「行動」を賞賛。
・うまくいかなかったところに目が行きがちな生徒に対しては、成果の出ている部分に目を向けさせる=「成功体験を発掘してあげる」(せっかく成功している部分があるのに、自己効力感につなげられない状況はもったいない)。
・代理的体験については、日常の勉強やテスト前の行動変化につなげるために話を出した方が効果的だと感じています。

【参考】

公認モチベーション・マネジャー資格 BASIC TEXT

公認モチベーション・マネジャー資格 BASIC TEXT

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: 単行本



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

主体性を育むために③~長谷川博之氏の実践がすごい~ [効果的な声かけ]

「態度教育」の徹底のためには、まず自ら率先して行動すること。
長谷川博之氏の実践に刺激を受けました。

生徒に『私はできる! 』と思わせる超・積極的指導法

生徒に『私はできる! 』と思わせる超・積極的指導法

  • 作者: 長谷川博之
  • 出版社/メーカー: 学芸みらい社
  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


長谷川氏の授業前のすごし方
1.支援を要する子どもの授業準備(机上やバックの整理)を手伝う
2.床のゴミ拾い。換気をする。
3.着席した生徒と言葉を交わす
4.前の時間の頑張りを描写して褒める
5.忘れ物に対応する

原田氏の言うところの「態度教育」のポイントである「すさみ除去」「ストローク(声かけ)」「事前指導」が徹底されていることが伺えます。また、整った空間や、子ども達の笑顔まで浮かんできます。

私自身も今日から即実践していきます。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

主体性を育むために②~タイプと指導法の関係~ [効果的な声かけ]

引き続き、原田隆史氏からの学びです。

カリスマ教師の心づくり塾 (日経プレミアシリーズ 9)

カリスマ教師の心づくり塾 (日経プレミアシリーズ 9)

  • 作者: 原田 隆史
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2008/07/09
  • メディア: 新書



①A型・B型・C型の分類と指導法
【分類】
A型(関わる時間小・成果大)
B型(関わる時間中・成果中)⇒関われば関わるほど成果が出る
C型(関わる時間大・成果小)⇒関わっても関わってもなかなか成果につながらない

【理想の集団状態】
A型がB型を引っ張る(B型がC型に引っ張られない)
A型をリーダーにB型を組織。講師がC型に個別対応。
※学校現場ではA型10%/B型60%/C型30%
※仕事現場ではA型20%/B型60%/C型20%

【タイプと指導方の関係】
C型:強い指導
①独裁的指導(強制確認・マンツーマン)
②父性的指導(ティーチング・確認)

B型
③対話的指導

A型:優しい指導
④母性的指導(コーチング・質問・グループによる確認)
⑤自立的指導(育成不要・権限委譲)

学習塾では通塾日数と時間が限られています。全生徒の主体性を育むためには、
①重点的に確認・対話が必要な対象の絞込み
②生徒ごとの指導方法(強い指導/対話的指導/優しい指導)の見極め
が重要であると感じています。

※「強い指導」は「主体性を育む」うえで効果的なのか否かは賛否がわかれそうです。私の職場の教室スタッフ内でも意見が分かれるところです。目にする書籍の多くは「強い指導」を敬遠する傾向が強いように感じています。しかし、まずは「やらせきり・成果を出す」ことで承認の機会を増やすためには、一時的に「強い指導」は効果があるようにも感じます。

ストローク(声かけ)を通じた信頼関係をベースとした強い指導。まずはここを目指していきます。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

主体性を育むために①~まずは心のコップを上向きにする~ [効果的な声かけ]

原田氏は、自立型人間の育成を目標に、大阪市立松虫中学校陸上部を7年間で13回日本一に導いた実績があります。今日は、原田氏の著書からの学びを紹介します。

カリスマ教師の心づくり塾 (日経プレミアシリーズ 9)

カリスマ教師の心づくり塾 (日経プレミアシリーズ 9)

  • 作者: 原田 隆史
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2008/07/09
  • メディア: 新書



①まずは「態度教育」
自立型人間育成のためにはまず必要なのは「態度教育」。
「態度教育」を通じて、「心のコップを上向きにする」。
態度教育に欠かせないないのは次の3点。
1.挨拶
2.時間厳守
3.すさみ除去(掃除・カバンや靴をきれいに整える等)

②心のコップを上向きにするための手助け=ストローク
子どもの心のコップを上向きにするためには、大人の手助けが必要。
それは、「心の栄養」となる「ストローク(声かけ)」。
20秒で3つの事をしゃべる必要がある。
肯定的なストロークは否定的ストロークに勝る。
最高のストロークは、基準・理由をはっきりさせて、○×を明確にするプラチナストローク。

③失敗させないための事前指導
対話の時間をかけてもなかなか成果につながらない状態の生徒に対しては、失敗させないための事前指導が効果的。「できたら褒める」を徹底し、有能感を高めて内発的動機付けにつなげる。

【行動方針】
①入口挨拶(20秒・3ストロークの徹底)
私の教室でも、入口での挨拶・声かけには力を入れています。名前+一声を目安に声かけをしていますが、「20秒・3ストローク」を目標に、もう一段階高い精度で意欲換気につながる入口挨拶を実践していきます。

②事前指導の徹底
遅刻・荷物管理(カバン・テキスト・ノートの置き方)・宿題忘れについて、ルールの明確化と事前の対話で、失敗させない事前指導を徹底していきます。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

主体性を・・・に続く言葉をどう捉えるかが重要 [効果的な声かけ]

【成績上昇の道筋】
生徒の自立・主体性⇒成績上昇

「自立」はとてもわかりやすい。自ら目標(やるべきこと)を明確にして、自ら行動し、自ら振返り、自ら改善できるようになること。

「主体性」の捉え方は難しい。
自ら「やろう・やりたい」という意思・意欲。
・主体性を引き出す
・主体性を伸ばす
・主体性を育む
色々な表現がありますが、「赤ちゃんは主体性の塊」といった表現を目にする事もあります。
主体性は成長する中で、周囲の環境によって封鎖されていくものと捉えるならば、もともと備わっていた「主体性を回復する」「主体性を取り戻す」という考え方もできそうです。

塾の講師・保護者にとっては、「主体性」を「引き出す・伸ばす・育む・回復する・取り戻す・・・」どのように捉えるかで、声のかけ方も変わってくると思います。

個人的には、赤ちゃんの主体性と、小中学生の主体性では、周囲の環境や触れる情報量があまりにも違うので、一括りにはできないと考えています。今のところ小中学生に対する大人の捉え方としては「主体性を育む」という表現が一番しっくりきます。

「主体性」を強引に伸ばそうとするのではなく、生徒一人一人をしっかりと観察して、適切な対応をして「主体性を育んでいく」そんな講師でありたい。

農作物で例えると、大量の化学肥料を使った農作物は、成長も早く・大きく育ちますが腐りやすい。自然栽培のように、生育状況を細かく観察しながら適切な対応をして育てた農作物は腐らないそうです。

「主体性」とは何か、どうすれば、お子様の主体性を育む事ができるのか。今後の追求テーマとして加えていきます。

【参考図書】
自然の野菜は腐らない
奇跡のリンゴ


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
効果的な声かけ ブログトップ