So-net無料ブログ作成
指導技術 ブログトップ

スモールステップ法で学習効率を上げる [指導技術]

【スモールステップ法って何?】
(実験事例)犬が餌にありつく実験
「画面に丸い図形が点灯した時にボタンを押すと餌がもらえる」という装置で、効率的に餌にありつく方法を身につけさせるためには、「ボタンを押したら餌が出る」という設定で学習させてから「画面に丸い図形が出たときだけ餌が出る」という設定に変えた方が学習が格段に早くなる。二つの手順を同時に身につけさせる時と比べ、一つ一つの手順を分けて覚えさせた方が失敗数が10分の1になる。
つまり、二つの関係を同時に覚えさせるのではなく、一つ一つの段階を分けて覚えさせるのは、一見遠回りに見えて、実際は格段に学習効率が高い。このように手順を分けて覚える方法を「スモールステップ法」という。

【スモールステップ法と自己効力感を高める?】
自己効力感を高めるためには、成功体験を積ませることが最も効果的。小さな成功体験を重ねながら一歩一歩前進していくためにも、「スモールステップ法」は効果的。習得する内容を細かいステップに分割し、学習者の誤りをできるだけ少なくしながら、次第に複雑高度な内容に進んでいくことができる。

【疑問点】
・思考力をつけるためには「スモールステップ法」と「難問の試行錯誤」どちらが有効なの?

勉強の効率化のためには、「スモールステップ法」を活用する事が効果的といえそうです。「手順を分割して、分割した手順の関連に自分で気付かせる」授業計画を検討する際のポイントになりそうです。

【参考】

受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)

受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)

  • 作者: 池谷 裕二
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/11/28
  • メディア: 文庫



公認モチベーション・マネジャー資格 BASIC TEXT

公認モチベーション・マネジャー資格 BASIC TEXT

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: 単行本



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ARCS動機付けモデル [指導技術]

ARCS動機付けモデルは、生徒の学習意欲を高めるための一つの指針として効果を発揮しそうです。
【ARCS動機付けモデル概要】
アメリカの教育工学者ジョン・M・ケラー(John M. Keller)によって開発された理論。「学習意欲を刺激、持続させるために、授業をどう設計すべきか」という問いに答えることを目的とした理論。
(動機付けの4因子)
1.注意(Attention)「面白そう!!何かありそう!!」
2.関連性(Relevance)「自分に関係がありそう!!」
3.自信(Confidence)「やればできそう!!」
4.満足感(Satisfaction)「やってよかった!!」
・重要なのは、これらを指導の中で段階的に行う必要があるということ。
・満足感はさらなる発展的内容への動機付け。
・満足感はある程度上位レベルの教育目標を達成してから与えないと、探究心を抑制する恐れもある。

【教授方法への具体的な落とし込み】
1.注意
(知覚的喚起)オープニングでひと工夫し注意を引いているか。
(探究心の喚起)エピソード等を混ぜて、教材内容が奥深い事を伝えているか。
(変化性)飽きる前にブレイクをはさんでいるか。
2.関連性
(親しみやすさ)生徒の関心、今までに習ったことと関連付けているか。
(目的指向性)習ったことが何に活かせるのかを提示しているか。
(動機との一致)勉強自体を楽しめる工夫をしているか。
3.自信
(学習要求)ゴールを明示し、どこに向かって努力しているかを意識させているか。
(成功の機会)他人との比較ではなく、過去の自分との比較で進歩を確かめられるようにしているか。
(コントロールの個人化)身につけ方のアドバイスを伝え、それを参考に自分独自のやり方でもいいことを伝えているか。
4.満足感
(自然の結果) 身につけたことを活かすチャンスを与えているか。
(肯定的な結果)褒める言葉や認定証を渡しているか。
(公平さ)えこひいきがなく、約束は守るなどの首尾一貫した態度をとっているか。

「教材内容の奥深さを、生徒の注意を引く形で伝える」「今まで学んだこととの関連性を伝える」。講師自身の追求力が、直接子ども達の動機付けにつながる事を強く感じます。

【参考】
教職課程「教育工学」テキスト
ARCSモデルに学ぶ(1)
ARCS動機づけモデルの応用
ARCS 動機づけモデルを使って学生の学習意欲を高めよう!


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

KR情報という認識(生徒発言・行動をやる気につなげるフィードバック) [指導技術]

アイトラッキングカメラを用いた研究から、効果の高い授業スキルとして、以下の項目が挙げられるそうです。

①受講生全体を見渡す
②受講生を氏名で指名する
③机間指導
④KR(Knowledge of Results)

KRという言葉は初めて目にしたので、調べてみました。
意味としては、生徒の反応に対する講師からの正誤判断や励ましの声かけなどの反応と捉えてよさそうです。例えば、生徒の発言に対する相槌(なるほど、うんうん、すごい等)やオウム返しがKR情報に相当するようです。

生徒の発言・反応に対してどのような声かけをできるかが、生徒の集中力、理解度、満足度に大きく影響するのは指導をしている実感としても明らかです。

正答に対する対応・誤答に対する対応・授業中の様姿勢に対する褒め等、子どもたちのやる気につながるKR情報の伝達は、重要な指導技術の一つだと考えます。瞬間瞬間にどんな反応を返してあげるか。講師という仕事はまさに即時性の勝負。

授業研修時に、適切なKR情報の伝達ができているか(生徒のやる気につながっているかどうか)?バリエーションを豊富に有しているかどうか?という視点で自己研鑽とフィードバックに活かしていきます。

【参考】
教師は何を見てどう判断しているかー教師視点の映像記録を活用した意思決定過程の研究
「教育実践を語る」服部英雄のブログ
教職課程「教育工学」テキスト(ver.2008)東京工業大学:松田稔樹

人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

空白禁止のために~生徒に視線を向ける時間を長くする技術~ [指導技術]

集団授業で成果を出すためには、集団でありながらも生徒が1対1で見られいてる(見てもらえている)ように感じてもらえるかどうかが重要であると考えています。

生徒に視線を送る時間を長くするために意識すべきことを列挙します。

①板書は半身ではなく、全身生徒に向ける事を目指す。
生徒に視線を向けるために、板書は「半身で」と言われますが、私の尊敬する講師は、ほぼ全身生徒の方を向きながら板書をしています。生徒の表情もよく見ており、全生徒が集中した授業空間を作り上げています。「板書は半身」ではなく、「板書は全身生徒に向けて」を目標にしていきます。

②生徒とのコミュニケーションはキャッチボールをイメージ
キャッチボールをする時は、投げる方も受け取る方もしっかりと視線と姿勢を整えているはず。キャッチボールの時のような体制が整えば、情報伝達もスムーズです。また、集団授業とはいえ、1:1でボールを投げるイメージを持たなければ、一部の生徒は集中力が途切れてしまいます。許されるなら(許されない場合が多いと思いますが)、実際にキャッチボールをして、生徒と視線があっている状態を体感してみるのもいいトレーニングだと思います。

③ビデオ撮影で何%生徒に視線を送っているかをチェック
生徒に視線を送れているかどうかを客観的に確認するためにも、ビデオ撮影は効果的。アイトラッキングカメラというカメラを使って、講師の視線や生徒の視線を追って、視線と学習成果の関係を分析する研究も進んでいるようです。

集中できる空間作りと、効果的な情報伝達のためにも、視線が合う事は最重要。講師と生徒の視線が合う時間を長くするにはどうすればいいかは、今後も追求・実践していきます。

【参考】
教師は何を見てどう判断しているかー教師視点の映像記録を活用した意思決定過程の研究
教師視点の映像記録を活用した授業の多元的記録・分析・構成方法の研究
研究テーマ:アイトラッキングを使用した読解能力判定検査
教師の一人称視点映像を活用した教育実習事前指導の試み

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

授業力強化②~教育技術習得の手順~ [指導技術]

向山洋一氏の書籍から、教育技術習得の手順を紹介します。

授業の腕をあげる法則 (教育新書 1)

授業の腕をあげる法則 (教育新書 1)

  • 作者: 向山 洋一
  • 出版社/メーカー: 明治図書出版
  • 発売日: 1985/06/01
  • メディア: 新書



授業力強化のために重要な事は、指導技術を身につける事。
指導技術を身につけるために、向山氏は以下の手順を提示しています。

①教育技術(定石)を学ぶ
②教育技術を使ってみる
③「発問」「指示」「留意事項」という観点から文章化

「技術」であるがゆえに、科学的である必要があり、再現可能。
向山氏は、医者が症状の把握と、適切な処置で症状を改善する事例をあげ、教育技術習得の重要性を述べています。

現状の「指導理念」「指導技術(発問・指示・意欲喚起・症状把握)」「問題点」を再整理し、指導技術向上に向けたアウトプットを継続していきます。

人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「授業力強化」の関連書籍一覧 [指導技術]

子どもたちの主体性を育むために、なによりも重要なのは「授業力強化」
・全員が前のめりになる授業
・全員ができるようになる授業
・全員が笑顔になる授業
そんな、授業を目指して、授業技術を整理・実践していきます。
以下、今後参考にしていく予定の書籍一覧です。

授業の腕をあげる法則 (教育新書 1)

授業の腕をあげる法則 (教育新書 1)

  • 作者: 向山 洋一
  • 出版社/メーカー: 明治図書出版
  • 発売日: 1985/06/01
  • メディア: 新書



生徒に『私はできる! 』と思わせる超・積極的指導法

生徒に『私はできる! 』と思わせる超・積極的指導法

  • 作者: 長谷川博之
  • 出版社/メーカー: 学芸みらい社
  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



世界で大活躍できる13歳からの学び

世界で大活躍できる13歳からの学び

  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: Kindle版



「やる気」を引き出す黄金ルール 動く人を育てる35の戦略 (幻冬舎単行本)

「やる気」を引き出す黄金ルール 動く人を育てる35の戦略 (幻冬舎単行本)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: Kindle版



教育力 (岩波新書)

教育力 (岩波新書)

  • 作者: 齋藤 孝
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2007/01/19
  • メディア: 新書



新しい学力 (岩波新書)

新しい学力 (岩波新書)

  • 作者: 齋藤 孝
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2016/11/19
  • メディア: 新書



授業つくり上達法―だれも語らなかった基礎技術 (シリーズ・教育技術セミナー)

授業つくり上達法―だれも語らなかった基礎技術 (シリーズ・教育技術セミナー)

  • 作者: 大西 忠治
  • 出版社/メーカー: 民衆社
  • 発売日: 1987/04
  • メディア: 単行本



シリーズ・教育技術セミナー 2 (2) 発問上達法−授業つくり上達法PART2−

シリーズ・教育技術セミナー 2 (2) 発問上達法−授業つくり上達法PART2−

  • 作者: 大西 忠治
  • 出版社/メーカー: 民衆社
  • 発売日: 1988/04
  • メディア: 単行本



人気塾講師直伝!イラスト図解でわかるプロ教師力アップ術55

人気塾講師直伝!イラスト図解でわかるプロ教師力アップ術55

  • 作者: 諸葛 正弥
  • 出版社/メーカー: 明治図書出版
  • 発売日: 2007/01/01
  • メディア: 単行本



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

授業力強化①~主体性を育む授業を目指して~ [指導技術]

「主体性を育む」の追求を通じて、子どもたちの主体性を育むために最重要なのは「授業」という認識に至りました(主体性を育むために④~授業を通じて自己肯定感を高める~)。 
「主体性を育む授業」を目指し、授業力強化していきます。
現在、私が担当しているのは小中学生の算数・数学・理科の集団授業(20名~30名)。
45分の授業時間です。まずは現状の授業時間の使い方を整理します。

【授業の型】
(前回授業の確認:15分)
①挨拶 ②宿題チェック ③小テスト ④意欲喚起
(授業テーマ1:15分)
⑤意欲喚起 ⑥対話型授業⇒演習
(授業テーマ2:15分)
⑦意欲喚起 ⑧対話型授業⇒演習
(振返り)
⑨承認 ⑩挨拶
※「意欲喚起」はクラス状況に合わせた課題点と行動改善につながる語りかけや、授業テーマのゴール設定など。

授業の構成は「指示」⇒「行動」⇒「評価」のサイクル。
今後、向山洋一氏の著者をもとに、以下の視点で授業力強化に取り組んでいきます。

【授業力強化のポイント】
(指示)
①趣意説明をしているか?「~のために~しなさい」
②一時一事の指示になっているか?
③簡明な指示・説明になっているか(10秒以内)
(行動)
①空白の時間がある生徒がいないか?
(評価)
①激励の声かけができているか?
②生徒の出来・不出来を確認できているか?
③個別評価ができているか?

各振返り項目について「生徒全員にできているか?」という視点で振り返っていきます。
授業の型・日々の振返り・具体的な授業改善によって、主体性を育む授業を目指します。

【参考】

授業の腕をあげる法則 (教育新書 1)

授業の腕をあげる法則 (教育新書 1)

  • 作者: 向山 洋一
  • 出版社/メーカー: 明治図書出版
  • 発売日: 1985/06/01
  • メディア: 新書



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

沼田晶弘氏が実践する「ひな壇MC型スタイル」 [指導技術]

【ひな壇MC型スタイルの特徴】
・司会者は、問題・課題提議と会議の進行に集中して、意見は相手から頂くスタイル
・それぞれがリアクションしながら相手の意見を受け入れて、その場で考え、自分の意見を言うので、個人の考える力も飛躍的に伸びる。
・自由度が高く、ひとつの意見を受けて、新たな意見に展開していく事も多い。

【最大の敵、羞恥心を取り除くために】
活発に発言する環境を整えるための壁は、子ども達の「羞恥心」。「羞恥心」を取り除く工夫が、主体的に学ぶ空間づくりの要になりそうです。
・スピーディーな流れで相手を巻き込み、考える時間をなくす。
・特に序盤は単語で回答できるレベルの質問を使ってどんどん指名。羞恥心が出てくるのをブロック。
・できるかぎりリズミカルに、順番を決めずにランダムに指名。
・司会者は相手の意見に声を出して頷く。
・参加者同士も声を出して共感している事を伝える。司会者が率先して声を出してリアクション。
・テーブルに上体が前のめりに近づき始めると、やる気が出てきている証拠。

私の教室でも、生徒との対話型授業を標榜しています。「MC型授業」という一つの型をイメージして、全員が前のめりに学んでいる環境を目指していきます。

【参考】

「やる気」を引き出す黄金ルール 動く人を育てる35の戦略

「やる気」を引き出す黄金ルール 動く人を育てる35の戦略

  • 作者: 沼田 晶弘
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/02/25
  • メディア: 単行本



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

主体性を育むために④~授業を通じて自己肯定感を高める~ [指導技術]

引き続き、長谷川博之氏の著書からの学びです

生徒に『私はできる! 』と思わせる超・積極的指導法

生徒に『私はできる! 』と思わせる超・積極的指導法

  • 作者: 長谷川博之
  • 出版社/メーカー: 学芸みらい社
  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


長谷川氏が重要視しているのは、生徒の「自己肯定感を高く保つ」こと。
そのために、最重要視しているのが授業です。
「生徒との関係づくりも、自尊感情の回復も向上も、第一に授業ですべきであり、授業でできる」
「教師集団が授業力を磨き合うすステムの構築が重要」と述べています。
改めて、主体性を育むために第一に改善すべきは授業と、授業研修である事を再認識しました。

長谷川氏の授業に対するスタンス
①授業の型を決める
②一番苦手な子どもも、一番課題を抱えている子どもも、最後までやりがいを持って取り組めること。
③全員参加・全員本気・全員成長をあらゆる場面で貫くこと。そのためにすべての子どもにスポットライトを当てること。
④第一に、楽しい授業/第二に、わかる授業/第三に、できる授業
⑤1時間に最低1回は生徒に成功体験を積ませる
⑥成功体験を積ませられない授業は、生徒を駄目にする。犯罪のようなもの。
⑦教師は太陽でありたい

自己肯定感が高まる授業にするために、改善できる事は何か?
自己肯定感を削ぐ授業・対応をしていないか?
再度、自身の授業を見直し、研鑽していく必要を感じました。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
指導技術 ブログトップ