So-net無料ブログ作成

iPS細胞の可能性 [探究心の喚起]

中3生物では「遺伝」が扱われます。啓林館の教科書では、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥博士が紹介されています。子ども達の探究心を喚起するためにも、iPS細胞の最新状況を調べてみました。

【「サイエンスゼロ:iPS細胞10年 夢の医療はここまで来た」より】
(iPS細胞とは)
・皮膚や血液の細胞1に「山中ファクター」という4つの遺伝子を加える事で、どんな細胞にもできるiPS細胞をつくる事ができる。

(再生医療の壁)
・拒絶反応を起こさないためには、本人の皮膚からiPS細胞を作る事が最善だが、遺伝情報がコピーされるため、病気を持った遺伝情報がコピーされるため、そのままでは病気の改善につながらない。
・自家移植の場合、30億個のDNAを調べる必要があるため、1年の調査期間と、5千万円ほどの費用が必要。

(ゲノム編集)
・30億以上並んでいるDNA配列のうちの1箇所だけをハサミのように切り取ることができる技術。「クリスパーキャス」という特別なタンパク質を入れ込むことで、DNAの切り取りたいところを切り、再びつなげる事ができる。切り取ったところがガン化する可能性があるので、安全性の検証が必要。

(iPS細胞ストック)
・他人に移植しても、拒絶反応を示しにくいiPS細胞をストックすることで費用を抑えようという取り組み。2018年までに、30%~50%をカバーする事を目標にしている。拒絶反応に関係するのはHLAという細胞にとっての血液型のようなもの。主に拒絶反応に関わる組み合わせは1万通り近くある。拒絶反応をおこしにくいHLAの細胞をストックする事でお金を削減し、安全性を確認した細胞を使えるようにする。

(創薬への利用)
iPS細胞は病気の遺伝情報もコピーされるため、病気の遺伝情報を持ったIPS細胞を大量につくる事ができる。そのため、今まで動物を使って薬の効用を確認していたことが、iPS細胞を利用して確認することができる。

【参考】
「サイエンスゼロ:iPS細胞10年 夢の医療はここまで来た」

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

簡単ステーキ+アクアパッツァ [簡単料理]

【6/10放映:男子ごはん(テレビ東京)より】
本当は、アウトドアで作りたいところですが、家で作ってみました。できるだけ簡単に、かつスーパーでできるだけ材料費が安くなるように作ったので、放映されたレシピと違いますがなかなかの美味。

【牛肩ロースステーキごまネギソース】
(材料)
・牛肩ロースステーキ 348円
・しょうが 100円
・白ネギ
・ごま油
※買ったものだけ値段を記載

(作り方)
・肉に塩をふる
・肉を焼く
・肉を休ませる(10分)
※肉汁が溢れ出るのを防ぐことができるらしい
・ごま油・白ネギ・しょうがの千切りを入れてソースをつくる

【アクアパッツァ】
(材料)
・びんちょうまぐろ 295円
・ボイルほたて 234円
・あさり 200円
・トマト
・オリーブオイル
・水200CC

(作り方)
・びんちょうまぐろは短冊切りにして、塩と小麦粉をまぶす
・オリーブオイルと、材料を入れる
・水200CCを入れてあさりが開くまで待つ

※正式な作り方は番組ホームページで確認してください

【参考】
男子ごはん(テレビ東京)

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

数学ができるようになるにはどうすればいい~数学力って何?~ [数学ができるようになるにはどううすればいい?]

【「数学に感動する頭をつくる」より】
「数学力」という力はない。「数学力」を要素分解すると次のような力が想定される。
①計算力(マニュアルに沿って作業する能力)
②記憶力
③自己反省能力(ミスをなくす能力)
④連想力
⑤推理する能力
⑥図形をイメージする力
⑦工夫する力
⑧抽象的な事を理解する力
⑨論理的に考える力
⑩実験し観察し整理する力
⑪洞察力

・数学のテストは作業型の問題が中心
・数学の勉強に対するスタンスは、「熱中型」と「予習復習ドリル型」がある。「熱中型」は同時に能力開発されるが、「ドリル型」は難しいことが理解できない。
・数学のカリキュラムは「体型理解」を求め、受験数学では「解くための技術」が求められている。そのため、「解くための技術」を身につけるために「塾の教科書」というものが存在する。
・数学ができる生徒は、解けそうもない問題を自力で考える事で、「洞察力」「発想力」「イメージする能力」「工夫する力」が鍛えられている。
・ピアノに熱中する子は「イメージする能力」が鍛えられ、パズルに熱中する子は「推理する能力」が鍛えられる。

【目的と鍛える力を明確にする必要がある】
・高校受験で得点力を高めるためには、「作業する力」と「自己反省力」を鍛えれば十分。
・ただし、その後の大学受験や、社会に出てから武器となる能力を磨く事にはつながらない。
・「熱中する」という事が能力開発のキーワードになることは明らか。「数学」に熱中するきっかけを与えるにはどうすればいいか?が今後の追求テーマになりそう。

【参考】

数学に感動する頭をつくる (ディスカヴァー携書)

数学に感動する頭をつくる (ディスカヴァー携書)

  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2011/08/15
  • メディア: Kindle版



人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事