So-net無料ブログ作成

数学ができるようになるにはどうすればいい~数学力って何?~ [数学ができるようになるにはどううすればいい?]

【「数学に感動する頭をつくる」より】
「数学力」という力はない。「数学力」を要素分解すると次のような力が想定される。
①計算力(マニュアルに沿って作業する能力)
②記憶力
③自己反省能力(ミスをなくす能力)
④連想力
⑤推理する能力
⑥図形をイメージする力
⑦工夫する力
⑧抽象的な事を理解する力
⑨論理的に考える力
⑩実験し観察し整理する力
⑪洞察力

・数学のテストは作業型の問題が中心
・数学の勉強に対するスタンスは、「熱中型」と「予習復習ドリル型」がある。「熱中型」は同時に能力開発されるが、「ドリル型」は難しいことが理解できない。
・数学のカリキュラムは「体型理解」を求め、受験数学では「解くための技術」が求められている。そのため、「解くための技術」を身につけるために「塾の教科書」というものが存在する。
・数学ができる生徒は、解けそうもない問題を自力で考える事で、「洞察力」「発想力」「イメージする能力」「工夫する力」が鍛えられている。
・ピアノに熱中する子は「イメージする能力」が鍛えられ、パズルに熱中する子は「推理する能力」が鍛えられる。

【目的と鍛える力を明確にする必要がある】
・高校受験で得点力を高めるためには、「作業する力」と「自己反省力」を鍛えれば十分。
・ただし、その後の大学受験や、社会に出てから武器となる能力を磨く事にはつながらない。
・「熱中する」という事が能力開発のキーワードになることは明らか。「数学」に熱中するきっかけを与えるにはどうすればいいか?が今後の追求テーマになりそう。

【参考】

数学に感動する頭をつくる (ディスカヴァー携書)

数学に感動する頭をつくる (ディスカヴァー携書)

  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2011/08/15
  • メディア: Kindle版



人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。